読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vacío

からっぽな日常に色をつける

新源氏物語/Melodia

2015年最後の宝塚は、花組の『新源氏物語』/『Melodia-熱く美しき旋律-』でした。
2015年ラインアップが公開されてから、ずっと観たかった新源氏物語をついに観劇できて非常に幸せでした。
まず1幕の『新源氏物語』ですが、田辺聖子さんの小説を舞台化したもので、今回、自分が生まれた1989年に月組で上演された以来の公演、花組としては7、8年ぶりの日本物(平安王朝物)ということで大変話題となりました。
内容的には忙しい人のための源氏物語という感じで、ざっくりと藤壺との逢瀬から、柏木と女三宮の間に子供が出来てしまうまでの光源氏の人生を辿っていくものだったのですが、流石に源氏物語を全然読んだことのない人が観劇しても全然わからないのでは…?という仕上がりになっています。
が、お衣装の美しさ(あまりに美しすぎて一張羅状態なのはどうかと思うけど)や舞台の煌びやかさ、花娘の美しさを余すことなく出し切れるいい舞台だったと思います。
ゆきちゃんの朧月夜が凄く美人で涙が出そうになりました。
ゆきちゃんに娘1になってほしいです…!!!
2幕のショー『Melodia-熱く美しき旋律-』は中村B(一徳)先生の演出だったのですが、中村Bらしい熱いラテンショーで、メロディアという可愛らしい名前からは想像ができないショーだなと感じました。1幕であまり美味しくなかったキキちゃんも2番手らしいカッコイイ場面をたくさん頂いていて素晴らしかったです。
個人的には中詰めの後のPちゃんの銀橋ソロが何かの餞けにしか見えなくて「退団しないで〜〜」って気持ちになりました。
まだ退団には早いので、発表がないことを祈ります。
久しぶりに帰り道に口ずさんで帰れる主題歌にも出会った気がするので、非常に良いショーだったのでは?と思います。
次回は宙組シェイクスピアが見れたらな〜と思ってます。