読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vacío

からっぽな日常に色をつける

Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!

2016年の初めの宝塚は、宙組公演「Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!」でした。
新生宙組になって初めてのお芝居とショーの二本立て。
まず、シェイクスピアの方ですが、このシェイクスピアは生田君初の大劇場での作・演出の作品。盆やセリなどの舞台効果の利用や劇中劇の作り方など非常に好みでした。
話の内容はシンプルにシェイクスピアの人物史の中の動きが不明な数年間をエリザベス女王など様々な政治的思惑や、自身の妻アンとの夫婦愛を織り交ぜた内容。
話の主軸は「夫婦の愛」で、シェイクスピア・アン夫妻と、ジョージ・ベス夫妻、そして独身のエリザベス女王の対比で構成されていたように感じました。ジョージケアリー役の真風涼帆とベス役の伶美うららは本当にビジュアル力が控えめに言っても最高で、やわらかい雰囲気のシャイクスピア夫妻とは正反対で非常に良かったです。
ショーのHOT EYESですが、演出は藤井大介先生。宙組は一本物→大介ショー→一本物→大介ショーの呪いからはやく脱出できると良いですね(次の公演は一本物のエリザベート
主題歌は耳に残って楽しいんだけど、大介くんとは感性が合わないのか見ててスッキリしない。
大体全場に大階段出したままってどういうこと??狭くて組子全然のびのびと踊れてないし、大階段の高さで、高身長な宙組!感があまりなくもやもやしたまま終わってしまいました。
あと男役群舞は黒燕尾(せめて燕尾の形のお衣装)にしてほしいし、すっしー(組長)が群舞にいないので、オペラそっと降ろしてしまったよね。さおたさんとかすっしーとかがガッシガシ踊るのが見たいんだよ…!大介君本当頼むよ……
別に駄作ってわけではないけど、琴線に触れないショーでした。
次回の宝塚は星組のこうもりか花組のME AND MY GIRLです。
こうもりは若干迷ってるだけなのできっとミーマイに行くやつです。